書籍詳細

ライフプランマニュアルシート 平成30年度版

数量
  • 年金

ライフプランマニュアルシート 平成30年度版

  • 版:平成30年度版
  • 規格:A4(観音折り)・8頁
  • 発行:平成30年2月発刊
  • 商品No:45206
  • 定価:本体380円+税
  • 著者もしくは編者:東京都社会保険労務士会 監修
◆生命保険会社や保険代理店の営業担当者、ファイナンシャルプランナー、ライフプランナーなどが顧客に対して、生命保険商品などを販売・見直しの提案をする際に、生活上のリスクに対して公的保障がフォローする範囲を説明するのにご利用いただけるシートです。
◆具体的には、①病気・けがをしたとき②障害の状態になったとき③介護が必要となったとき④老齢・退職したとき⑤死亡したとき――に健康保険、年金保険、介護保険、労災・雇用保険から受けられる給付内容についてコンパクトに掲載してあります。これにより金融機関などが保険商品などの金融商品を販売する際に、生活上のリスクにおいて公的保障でカバーされる部分を除いた形での自助努力部分を明確にしたうえで、不必要な特約や過剰な給付を省いた保険商品の提供が可能になることを顧客に説明できます。そうしたことで、保険料負担も軽減され、保険商品の見直しを通じて、新規顧客の獲得にもつながります。
◆顧客訪問なども想定して、持ち運びに便利で、広げて見やすいようにA4判サイズ8頁の観音折りとし、表面は水をはじく特殊加工を施してあるので、耐久性にも富み、表面の光沢は顧客説明用ツールとして最適の体裁としました。また書名を「ライフプランマニュアルシート」としたことで、ライフプランの支援を通じたコンサルティング業務に力を入れる金融機関等においてもご利用いただきやすいネーミングとなっています。そのほか、社会保険および労働保険の給付について総合的に簡潔にまとめてあることから、金融機関以外にも社会保険や労働保険を管轄する公的機関においてもご利用いただけます。

1.病気・けがをしたとき
2.障害の状態になったとき
3.介護が必要になったとき
4.老齢・退職したとき
5.死亡したとき

さらに詳しい目次

↑ ページの上へ