書籍詳細

病院退院計画から地域ケアへの展開に向けて-医療と福祉をつなぐソーシャルワークの役割-

数量
  • 介護・福祉

病院退院計画から地域ケアへの展開に向けて-医療と福祉をつなぐソーシャルワークの役割-

ブックレット・シリーズ「日本社会事業大学 専門社会福祉士講座」⑨

  • 規格:A5・76頁
  • 発行:平成23年12月発刊
  • ISBN:ISBN978-4-7894-7689-8 C3036 800E
  • 商品No:76809
  • 定価:本体800円+税
  • 著者もしくは編者:日本社会事業大学専門職大学院准教授 木戸宜子 著
◆医療と介護の機能分化が進むなかで、長期ケアを必要とする人たちをサポートするために病院のソーシャルワーカーは退院計画にかかわってきました。本書は、病院のソーシャルワーカーとしての10年の経験を踏まえて、退院支援における課題やソーシャルワーカーの役割を論じたものです。具体的な実践例として、脳卒中リハビリテーションや結核治療における退院支援の取り組みを紹介しています。さらに地域ケアを展望して具体的な取り組み方を説明しています。保健医療分野で働くソーシャルワーカーに一読をお勧めしたい本です。

Ⅰ.保健医療情勢の変化からみるソーシャルワークの必要性
Ⅱ.退院支援におけるソーシャルワークの視点
Ⅲ.どう支援していくか
Ⅳ.脳卒中リハビリテーション医療における退院計画
Ⅴ.結核治療における退院支援
Ⅵ.退院支援から地域ケアへの展開
Ⅶ.おわりに

さらに詳しい目次

↑ ページの上へ