書籍詳細

中小企業と派遣先のための 同一労働同一賃金実践ガイドブック

数量
  • 年金

中小企業と派遣先のための 同一労働同一賃金実践ガイドブック

~法改正をチャンスに変える~

  • 規格:A4・32頁
  • 発行:令和2年3月発刊
  • 商品No:460300
  • 定価:本体600円+税
  • 著者もしくは編者:ドリームサポート社会保険労務士法人 安中繁 監修・執筆協力
◆働き方改革の一環として令和2年4月に施行される「同一労働同一賃金」関連法(中小企業は令和3年4月施行)は、パートタイムや有期雇用の従業員を雇用する企業等、あるいは派遣労働者を受け入れる企業等に対し、自社の正社員との間の「不合理な待遇差」の是正を求めています。ただ、実際に禁止される不合理な待遇差とは、どのような待遇差なのか、明確な線引きが示されているわけではありせん。
◆本書は、こうした同一労働同一賃金に関して、企業等が対応すべき実務、考え方のポイントをわかりやすく具体的に整理するとともに、人事労務の専門家である社会保険労務士が実際に顧問先に使用する「シート」を用いて、待遇差に関する問題点を把握し、何をどのように変えればいいのか、あるいは変えないでいいのか、法改正に対応するための道筋を示しています。さらに、こうした同一労働同一賃金に対応する取り組みを、単なる法改正対応にとどまらせず、企業の生産性向上や経営課題解決・実現に向けたチャンスに変えることを目的とした構成にしています。
◆派遣労働働者の同一労働同一賃金に関しては、派遣先均等均衡方式、労使協定方式の違いや、派遣先に求められる情報提供義務の内容等を解説。派遣先として知っておきたい内容を重点的に解説しています。
◆同一労働同一賃金に関する対応をサポートする社労士の皆様、パートタイムや有期雇用の従業員を雇用している企業等、派遣労働者を受け入れている企業等の皆様はもちろん、そうでない企業等の皆様も今後に向けてぜひご購入いただきたい一冊です。

1 同一労働同一賃金の法改正の趣旨と施行日
2 同一労働同一賃金の法改正に対応する目的
3 同一労働同一賃金の法改正の枠組み
4 不合理な待遇差を解消するための法整備
5 労働者に対する待遇に関する説明義務
6 行政による履行確保措置&ADRの整備
7 現状の把握と今後の取り組みの検討/ワークシート
8 派遣労働者の同一労働同一賃金

本を探す

関連商品 Related

↑ ページの上へ