書籍詳細

知っておきたい 75歳からの運転免許

ここからページ見本をご覧いただけます。

数量
  • 医療保険
  • 介護・福祉

知っておきたい 75歳からの運転免許

認知機能検査と診断のしくみ

  • 規格:B5・152頁
  • 発行:平成29年4月発刊
  • ISBN:ISBN978-4-7894-0650-5 C2032 \1500E
  • 商品No:16650
  • 定価:本体1,500円+税
『高齢者の運転免許と認知機能検査のすべてがわかる』
『平成29年3月12日から施行された道路交通法改正に対応』

◆平成29年3月12日より施行された「道路交通法の一部を改正する法律」により,①臨時適性検査制度の見直し,②臨時認知機能検査制度の新設,③臨時高齢者講習制度の新設が行われています。
◆この改正により,平成27年度は1,650人であった臨時適性検査の対象者が,全国で約4~5万人に増加することが想定されています。
◆本書は,高齢者の運転免許とその取り巻く状況や制度について,本人や家族のみならず,診断書作成に携わるかかりつけ医や,関わりの深い介護保険の事業者・地域包括支援センター,市町村の方が,ぜひ知っておきたい情報を集約した書籍です。

◆ページイメージ◆
ページイメージ

1 75歳以上の高齢運転者と認知機能検査
 ①運転免許を更新するとき
 ②「一定の違反行為」があったとき
 ◆認知機能検査の実施
 ◆認知機能検査に関するQ&A
2 かかりつけ医(主治医)による診断書の作成
 ①日本医師会「診断書作成の手引き」
 ②診断書モデル様式と診断書作成ガイドライン
 ③認知症など「一定の病気等」の取扱い
3 高齢者の運転免許と自主返納
 ①高齢者運転免許に関するこれまでの主な経緯
 ②自主返納と運転経歴証明書
 ◆高齢運転者標識(高齢運転者マーク)

■認知機能検査の実際(記載例)
■関連通達集
【参考1】運転適性相談窓口 一覧
【参考2】自動車安全運転センター

本を探す

↑ ページの上へ